片思い 連絡待ち

片思いの連絡待ち状態は、自分を冷静に保つ事も必要です

スポンサーリンク

恋愛感情が芽生えた相手に対しては、告白をして結果を待つ場合もあれば、アクションを起こさずに経過観察をするというケースもあります。
片思いで告白をして、相手からの連絡待ち状態になる場合もあります。
相手に対する自分の気持ちは明確に伝えている訳ですから、相手からの返事が気になります。
人によっては、『急いでないから』という話をして、相手が焦らない様に配慮する発言で待つ場合もあります。
特に期限を切らない場合には、相手によって、かなりの期間で待ち時間を過ごすという事もあり得ます。
学校や職場などの共通性もなく、余程離れた関係性の場合には、相手からの返事に時間が掛かる事もあります。
相手にしてみれば、返事をする必要性に迫られていない事が、理由として挙げられます。
一方で、毎日顔をあわせる様な学校や職場に片思いの相手がいて、告白後の連絡待ち状態では、相手が場の雰囲気を壊さない配慮で早めに返事をしてくる事もあります。
告白した後は、待つのが辛い気持ちになる事もありますが、良い方向に進展できれば、素直に喜べます。
断りの連絡があったとしても、素直に受け止めて、待った分気持ちを切り替えて、また明日から出直す気持ちをもつ事も大切です。

スポンサーリンク

片思いの相手に、自分の気持ちを伝えていないままで、相手からの連絡待ち状態になるのは、自分だけが苦しい気持ちになっている気分になります。
友人としての関係性を壊したくないために、まだはっきりと自分の気持ちが伝えれなくて待つというケースです。
この場合には、連絡待ちの状態であっても、かなり自分の中で感情が沸々としてくるため、やがて告白するに至る事もあります。
自分の気持ちを我慢しきれずに、片思いの感情を伝える場合もあります。
自分の気持ちは、相手にとっての押し付けにならない様に注意しておく事も必要です。
いつか自分の気持ちを伝えようと思っているなら、少し冷静な状態になって、連絡がきた時に話をする様にする準備ができます。
片思いで、相手からの連絡待ち状態が続くと、待たされたという思いが強くなって、冷静さを失ってしまう事もあります。
相手にとっては、突然の事で驚いてしまう場合もあります。
客観的に自分を見れる位の冷静さをもって、片思いからの脱出を図るのがポイントです。

スポンサーリンク