好き避け 男性 特徴 メール

好き避けする男性のメールの特徴とは

スポンサーリンク

好きな男性に、こちらから話しかければ機嫌よくいろいろと話して盛り上がるけれど男性の方からはあまり話しかけてくれなかったりすると、私のことはただの友達程度の存在なのかと心配になったり落ち込んだりすることがあると思います。
でも男性は好きだから意識し過ぎて避けてしまう「好き避け」の行動をとることがあります。
自分は好意を持っている男性にとって興味の対象か対象外かを見分ける簡単な方法があるのです。
まず一番に特徴があらわれるのが視線です。
目は口ほどに物を言うとよく聞きますが人間の存在意識的に当たっているのです。
赤ちゃんが、こちらが恥ずかしくなるくらい人の目をじっと見るのは興味をもっているからです。
男性心理もそれと同じで興味がなければ見ることはせず逆に目線を合わせないようにします。
また人間にはパーソナルスペースといって嫌いな相手には決して踏み込んで欲しくない距離を確保していますが、そこに入ってくる場合は、もっと仲良くなりたいと思っている証拠といえます。

スポンサーリンク

目が合う回数が多い、離れた場所に居ても視線を感じるなどの他にも会話中に身体や足先がこちらを向いている、飲み物や食べ物を食べるタイミングが同じ、口元を手で覆いながら話す、話に対して大きなリアクションを取る、共感して話を聞いてくれるのに目を合わせると慌ててそらすのも「好き避け」の特徴です。
メールが短文で素っ気なかったとしても、特別用事がないのに「元気ですか」や「仕事頑張って」など気遣いを感じるメールや、絵文字が使用されていたり、休みの日は何しているのかなどプライベートなことを聞いた時に快く教えてくれるのも「好き避け」が隠れています。
メールが簡潔でも文末が質問で終わっている、メールの返信が早い、もしくは翌日や翌々日にメールがきても必ず謝罪の言葉が添えてある際は、脈ありの可能性が高いです。
「好き避け」はプライドが高い男性、周囲の人に好きだと知られたら恥ずかしいという感情から気持ちとは裏腹な態度を取るのが特徴です。
これを理解しておけば今後の付き合い方が良い方向へと進むことが可能です。

スポンサーリンク