年上女性 好意 サイン

職場の年上女性を好きになったら、好意のサインを見逃さないこと

スポンサーリンク

会社の同じ職場でもし年上女性が好きになってしまった場合、アプローチの仕方がとても難しいです。
職場での先輩なので、彼女の方は仕事の面などで色々とサポートする立場だからです。
ちょっとした書類上のミスでも彼女の立場からすれば教えて治させる必要があります。
男性の方がそれを好意のサインだと勘違いすると、とんでもない失敗をします。
ですから職場で年上女性が好きになったら、自分のことをどう思っているか確かめる必要があります。
その時に女性の発するサインを見極める必要があるのです。
仕事上のミスの指摘や仕事のやり方などを教えてくれる場合に注意するべきことは、自分と同じような立場の男性社員にも同じような接し方をしているかどうかを見比べることです。
明らかに自分にだけ親切だったり、丁寧だったりする場合は好意を持ってくれている証拠です。
他の男性と全く同じ接し方なら、好意とは関係のない仕事上の職務としての思いしかないことになります。

スポンサーリンク

年上女性が年下男性に好意を持つサインとしては、肩に手を置くとか腕に直接触れてくるなどがあります。
例えば書類の書き方を教える場合、口頭で伝えられるのにわざわざ腕や肩に触れてくるというのは好意の表れと考えて間違いないのです。
また挨拶をする時にいつも微笑んでくれるのも、好意のサインです。
年上女性には先輩としての立場があるので、あからさまに好きな態度を示すようなことはしないものです。
しかし心は正直ですから、仕事中にふと好きな男性を見つめることがあります。
そのような視線を感じたら、脈ありのサインです。
そのようなサインを受け止めたら、今度は男性の方から積極的に近づくべきです。
はじめは年上女性も戸惑いを見せるはずですが、それは迷惑からくるものではないのです。
はじめから飛びつくようなはしたないマネはしないのが年上女性です。
1度は断るはずです。
そこで諦めないことが大事です。
ひどく落ち込んだ姿を見せるのが効果的です。
必ず彼女の方から声をかけてくるはずです。
そこで2度目のアタックをすれば、恋愛関係に向かうことができます。

スポンサーリンク