好意を持たれている サイン 男性

男性から好意を持たれているサインで確実なのは視線です

スポンサーリンク

女性の片思いには2つのケースがあります。
自分だけが密かに男性を思っているのは同じですが、相手に別の恋人がいることがわかっているケースと恋人がいないケースです。
恋人がいるケースでは残念ながら密かに思い続けて、それがいつか淡い思い出となるのを待つしかないのです。
しかし相手に特定の恋人がいない場合は、片思いのまま諦めるのはもったいないです。
もしかしたら相手の男性から密かに好意を持たれているかもしれないからです。
その可能性はゼロではないのです。
片思いのまま諦めるのではなく、好意を持たれているとわかる男性からのサインを見抜くことが大事です。
好意というのはあからさまに示すこともあれば、無意識に表れてしまうこともあります。
男性からあからさまな好意を示されたら、そのまま恋愛に発展します。
問題は無意識のサインをどのように見抜くかです。
好意を持たれている場合、女性は男性から笑顔で話しかけられます。
好きだから無意識に笑顔になってしまうのです。

スポンサーリンク

また好意を抱いている相手を無意識に見つめてしまうということは良くあります。
仕事中や勉強中に視線を感じることは誰にも経験がありますが、そのような場合に見つめているのが片思いの相手だったとしたら脈があります。
目は口ほどにものを言うという言葉がありますが、相手に見つめられることほど好意を持たれているサインはないのです。
そのような視線を感じたら、女性側も微笑みで返すことが大事です。
そのような時に無視してしまうと、男性の方が好意を持たれていないと思い込んでしまいます。
微笑みで見つめ返せば、ファーストコンタクトは大成功です。
相手が積極的であれば話しかけてきますし、消極的ならこちらから話しかければいいのです。
その他にも相手に好意を持たれているサインとして、いつも近くに寄ってくるという行動があります。
人間は好きなものや興味のあるものに触れたり近づいたりする行動をとります。
例えば自由な会議などで席順などが決まっていないのに、いつも自分の近くに相手が座ったり、顔が見える位置に座ったりするようであれば、好意を持たれているサインです。

スポンサーリンク