年上女性 好意 接し方

好意のある年上女性への接し方は、相手の立場への配慮も必要です

スポンサーリンク

職場や学校など、毎日通う事になる場所では、年齢が違う人たちが周囲にいます。
周囲にいる人たちが、自分の恋愛対象になるケースなどもあります。
 年上女性に好意をもった場合の接し方は、相手の年齢、学校や職場での立場を考慮する事も大切なポイントになります。
学校の場合には、さほど年齢が離れる事もないですが、職場の場合には、かなり上までの年齢の人たちが存在します。
好意があるからといって、相手の立場を考えず、ずかずか踏み込んでいくよりも、礼節をもった接し方に好感がもたれます。
 年上女性から見た場合を逆に考えると、自ずとヒントになる部分も出てきます。
学校や職場であっても、ちょっとしたサポートがあると助かる、という場面では、さり気なく手を差し伸べるなどができます。
その回数を自然に増やしていく事により、相手の女性にとっての印象に残る状況へと繋がります。
さり気なく優しさを示してくれる人には、自然に受け入れる事ができる親しみを感じる場合があるのです。

スポンサーリンク

 年上女性から見た年下男性は、『しょうがないなあ』と思わせる位の人の方が、気になる存在になるという声も聞かれます。
例えば、職場で上司から度々手が掛かるとぼやかれる様な男性であっても、誰とでも明るくめげずに接する事ができる人もいます。
職場の場合には、男性が営業職、女性が事務職などの場面も多いですが、明るく仕事を依頼してくる男性には、好感がもてる事もあります。
年上女性への好意をもった場合には、礼儀を弁えながらも、明るくハキハキとした接し方をすると、好感に繋がります。
 多くの女性には、母性本能が働く事があります。
年上女性に好意を抱いた場合、何かをお願いする場面で少し甘えてみたり、その後は、お礼に食事に誘うなどの接し方もできます。
相手が頑なに誘いを拒否した場合は別ですが、軽い初期段階のデートの誘いとしても応用できる接し方です。
好意をもっている事については、実際に一緒に出かける場面になってから申し出た方が、相手も周囲への気兼ねをせずに済みます。

スポンサーリンク