好き避け 嫉妬 女性

好き避けをする女性の本心を知るためには嫉妬心を起こさせること

スポンサーリンク

思春期には誰でも片思いの経験はあります。
その頃の片思いはその後の人生での良き思い出になるものです。
ところが20歳を過ぎてからの片思いは、かなり深刻なものになります。
それは恋愛と結婚というリアルな問題があるからです。
大人になってからの片思いは、それを成就させるための努力が必要になってくるのです。
そのために必要なのは、相手が自分をどう思っているかを知ることです。
例えば女性の場合は好き避けというケースがかなり多いのです。
男性から見ると、自分を避けているのは嫌われているからだと単純に思いがちです。
しかし好きだからこそ避けてしまうのが好き避けなのです。
特にナイーブな女性に多く見られます。
ですから避けられているからと諦めるのではなく、彼女の真意を見極めることが大事です。
そのための1つの方法として嫉妬があります。
もし同じ職場なら、わざと自分の恋愛体験などを話してみるのです。
その時の反応を見て、明らかに女性が嫉妬すれば脈があります。

スポンサーリンク

会社の職場では慰安旅行とか季節毎の飲み会などがあります。
そのような席でお酒に酔ったふりをすれば、自分の恋愛体験を話す雰囲気を作ることができます。
もし女性が自分に無関心なら話を聞き逃すでしょうし、会話に乗ってこないはずです。
興味を示したり、きつい目で睨まれたりした場合は関心を持たれている証拠です。
こうして女性の気持ちがある程度わかったら、積極的に近づいても大丈夫です。
好き避けをするというのは女性でも男性でもプライドが高い証拠です。
自分から好きだと告白して断られるのが許せないのです。
だからわざと正反対の態度を取ってしまうのです。
プライドが高いということは嫉妬深いということでもあります。
そのような相手との恋愛を成就させるには、相手を振り向かせるという方法では失敗します。
こちらから積極的に近づいて、相手のプライドを尊重するやり方が功を奏します。
また好き避けをする人は、相手から来るのを心の底では待っている場合が多いのです。

スポンサーリンク