上司 部下 好き 態度

上司を好きになった部下は態度で片想いを成就

スポンサーリンク

同じ職場で働いていると、仕事ができる上司がいることがあります。
それに加えて職場の仲間に気遣いもでき、人望も厚いとなれば、部下である異性が好きにならないわけがありません。
そこで、気持ちを打ち明けてお付き合いをしたいと考えます。
ただし、注意してほしいのは、職場での関係の場合は、ただがむしゃらに思いをぶつけてもうまくいかないことが多いです。
そこで、仕事ができる上司に対して、こちらも仕事には真摯に取り組んでいる、一生懸命な態度を見せます。
同じような気持ちで働いてくれていると分かると、嬉しく思うのです。
それに、相手の教えをきちんと守っていれば、自分に応えてくれていると感じます。
まずそこで好意を持ってもらえます。
そして、できるだけさりげなく上司を褒めます。
人は自分のしていることを認めてもらえると嬉しいものです。
努力しているところをきちんと見てくれていると感じます。
さらに、分からないことを聞いて頼るというのも良い方法です。
自分を必要としてくれていると感じ、相手のことを意識するようになります。

スポンサーリンク

これだけだと、仕事の上での気持ちにとどまってしまいます。
そこで、何か相談があることを伝え、食事に誘いましょう。
頼ってくれる部下の誘いですから、上司も一緒に行きやすいです。
相談をした後に、軽い感じで好きという言葉を伝えてみましょう。
上司は部下が会社の仲間としてなのか、異性としてなのか分からないぐらいの軽さで良いです。
すると相手はドキッとして、好きという言葉の意味を考えるようになり、ますます意識するようになります。
それから、職場では真面目な態度を崩さないようにしながらも、ちょっとした休憩の際などに、目線を合わせるようにしましょう。
そして、上司が困ったときにさりげなく助けられるように、よく観察しておきます。
弱っているときは、笑顔で励ましてあげるのです。
そうすれば、相手の方から告白してくれるはずです。
仕事に対する真摯な態度で好意を持たせ、軽い告白でドキッとさせるという揺さぶりをかけることで、こちらを意識させる方法は効果的です。

スポンサーリンク