片思い 振られた 連絡きた

片思いで振られた時に連絡きたら、状況分析で後の行動に繋がります

スポンサーリンク

告白してダメだった場合、告白した本人にとっては、全てが終わってしまった様な感覚に陥ってしまう事があります。
唯、諦めるには、まだ時間を置いてからでも遅くはない、というケースも存在します。
 片思いで振られた後、相手から連絡きた、という場面もあります。
どうして相手から連絡がきたかについては、相手の性格や、2人の関係性によっても、理由がそれぞれに違います。
 例えば、告白した相手が、告白された事を断ったからといって、態度を変える事なく、友人関係などを継続できるタイプの人もいます。
告白の時の状況が、落ち着いて2人きりの時でなく、騒がしい何かの環境の中で行われたりすると、相手にとっての真剣度が高く受け取られない場合などもあります。
告白された事、告白を断った事について、さほど気にしない性格の人は、何事もなかったかの様に振舞える事があります。
 片思いで振られたとしても、連絡きたというケースでは、その後逆転の結果になる事があります。
望みをもっていて、可能性が出てくる、時が状況を変える事もあります。

スポンサーリンク

 片思いで振られた後、暫くの間連絡が途絶えていたのに、突然相手から連絡きた、という場合もあります。
この場合には、時間が経過していますので、お互いにとって冷却期間にもなっています。
もし、告白以前には、連絡などもよく取り合っていたり、一緒に仲間同士で出かけるなどの関係があった場合、その後に気まずさを覚える事もあります。
気まずさを残さず、一度リセットする気持ちで、相手が連絡してきている可能性もあります。
 共通の友人などの仲間がいると、お互いに気兼ねをしてしまう関係でいる事に、行き詰まりを感じる事があります。
相手が、様々な点に配慮した上で、優しい気持ちで連絡をしてきているケースなどもあります。
 あるいは、相手が、告白を断った事に対して、何らかの理由で後悔の気持ちをもっている場合、連絡きたという状況になる事もあります。
理由については、やっぱり自分の気持ちも同じだったという場合、断って申し訳なかったと感じた場合など、複数の理由があります。
この様な場合には、相手の気持ちや状況をよく分析して行動すれば、再度トライしてみる価値も出てきます。
片思いで振られた時に連絡きた場合、一喜一憂せずに状況判断をする事も大切です。

スポンサーリンク