ごめん避け 男性 職場

職場での男性からのごめん避けを回避する方法とは

スポンサーリンク

皆さんは「ごめん避け」という言葉をご存知でしょうか。
ごめん避けとは、「ある異性から好意を持たれていると感じるが、申し訳ないけど愛を告白されたくない」と思い、避けることを言います。
たとえば、この状態の男性があなたを避けていたとすれば、この男性はあなたのことをどう思っているのでしょうか。
答えは「異性としてなんとも思っていない」です。
特段嫌いというわけではないが、恋愛対象ではないという状態です。
その上で、あなたの好意には気付いており、お互いに傷つかないように避けてしまうのです。
この現象は、職場など毎日顔を合わせる環境にある男女に起こりがちです。
職場という場所で気まずくなり、業務に差支えが出ることを恐れているのです。
しかし好意を持っている方からすれば、このままの状態では相手との仲が進展せず、かといって嫌われているわけでもないのに、簡単に諦めることもできず、辛い日々が続きます。
この状況を打破するためには、どうしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

答えは「いったん相手に興味がないと思わせる」です。
こちらからの好意がないと思えば、ごめん避けも治まり、相手と接する機会は増えるでしょう。
そうして、こちらの良いところを、さり気なくアピールするのです。
あくまでもさり気ないアピールが大切で、こちらが好意を持っていることを男性に気付かれると、また避けられる日々が戻ってきてしまいます。
職場ならアピールするチャンスはたくさんあるはずです。
人は追いかけると逃げてしまい、逃げられると追いかけたくなるものです。
今まで自分に好意を持っていたと思っていたが、実は気のせいだったのかもと思うと、急にあなたのことが惜しくなるでしょう。
その上で、あなたの長所を見せれば今までの反動で、あなたのことが気になって、しょうがなくなります。
あとは残業などで二人っきりになるなど、男性から告白しやすいシチュエーションを作るだけです。
恋愛は惚れた方が負けという言葉もあるぐらいです。
恋の主導権を握って、好きな相手と楽しく付き合いましょう。

スポンサーリンク