好意はあるけど付き合えない 理由 女性

女性側の好意はあるけど付き合えない理由

スポンサーリンク

恋愛というものは一人でできるものではありません。
それは双方の合意の上に成り立っています。
では、好意さえあれば成立するのかと言えば、そうでもありません。
好意はあるけど付き合えないということが多々あります。
では、女性側から見た、好意はあるけど付き合えない理由とは何かと言えば、配偶者あるいは交際相手が別にいるというパターンがまず考えられます。
これは社会的常識に沿ったものです。
現在のパートナーに一方的な絶縁を言い渡して乗り換えるなど、許された話ではありません。
好意はあるけど付き合えない理由としては、他に仕事の都合があります。
これは一緒にいる時間を作るのが難しいと言うのと、キャリアアップを狙う女性からすれば、異性との交際や結婚などが重荷になることが多いからです。
この場合は、双方の歩み寄りがない限り、うまくいきません。
男性側が女性に合わせてスケジュールを組むか、交際開始後もそれ以前と同じように仕事を続けてよいとするしかないからです。

スポンサーリンク

好意はあるけど付き合えない理由としては、家庭の事情も考えられます。
これは互いの家が仲が悪く、交際を公表すると揉めるのは必至というパターンが考えられます。
この場合は、親族を説得するか、二人だけの問題だと割り切るしかありません。
しかし、それまでの人間関係を破綻させてまで恋愛を優先させるのは難しく、現実的な話ではありません。
また、家の中に介護が必要な家族がいるということもあります。
これは相手に打ち明けたら、嫌われるのではないかという思いがあるのと同時に、向こうに負担を背負わせる訳にはいかないという思いやりが作用しています。
このケースだと、家事や介護に疲れていて、異性との交際に気を向ける余裕がないということもあります。
しかし、このような場合ですと、心のどこかで自分を支えてくれる人が欲しいと願っていることが多いため、まったく脈がないと言えません。
このように、好意はあるけど付き合えないのには、様々な理由があります。

スポンサーリンク