メール 顔文字 好意

好意的なメールの顔文字を効果的に使う方法

スポンサーリンク

メールは相手の顔が見えないので、ただ文字だけの文章では気持ちが伝わりにくい場合があります。
そんな時に便利なのが顔文字です。
文章の要所要所に顔文字を使って気持ちを伝えることで、自分の好意を相手に伝えることが出来ます。
それだけではありません。
可愛らしい顔文字を使うことによって、相手から好意を持ってもらうことも出来るのです。
普段会えない相手にも、メールで会話をしながら可愛らしい女性をアピール出来るならば、顔文字を積極的に使って好意を伝えることで、女性が可愛くなる第一歩を踏み出せるのではないでしょうか。
中には直接会うよりもメールの方が素直な気持ちを伝えられる人も多いと思います。
会うと緊張してしまい何も話せなくなってしまう人でも、メールでは相手に素直な気持ちを伝えられるのは何故でしょうか。
それは直接話すのとは違い、自分の心の中で考えながらゆっくりと自分の気持ちを文章にすることが出来るのがメールだからです。

スポンサーリンク

自分が好意を抱いている相手には、特に可愛い子だなと思って欲しいものです。
でも中々可愛らしさをアピールするのは難しいと思います。
それを使いすぎるのも嫌がられてしまうかも知れないので、適度に顔文字を使いながら相手に気持ちを伝えることが重要です。
最も気持ちが伝わりやすいのが、笑顔マークです。
色々なものがありますが、自分の今の気持ちに適したものを選んで使ってみるといいと思います。
他にも好意を表すものとして、嬉しい気持ちや楽しい気持ちを伝えられるものも沢山あります。
どれを使ったら可愛らしく見られるかを考えながら、自分の好きなものを積極的に使って相手に可愛らしさをアピールすれば、きっと相手にも好意を持ってもらえるでしょう。
誰でも可愛くなりたいものです。
それを可能にするのが、メールの可愛らしい顔文字だと思います。
それを使って、可愛らしい文章を作れたら相手に素直な気持ちを伝えることも出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク