好意を持たれる夢 意味

好意を持たれる夢の意味

スポンサーリンク

たとえ夢の中であっても、自分に好意を持った人が現れたら嬉しいものです。
相手が好きな人であればなおさらで、その夢にどのような意味があるのか、期待してしまいます。
夢は人の深層心理=心の奥深くの無意識の部分をあらわすとも言われています。
相手に好意を持たれる夢にはあなたの深層心理に、「誰かに好きになってもらいたい。」「あの人と仲良くなりたい。」などという欲求があることを意味しているようです。
好意を持たれる夢についてさらに詳しくみていくと、自分が相手を好きあるいは意識している場合、相手が自分に対して好意を持っている場合があります。
自分が相手を好きな場合は、その欲求が夢となってあらわれるのでしょうし、相手が自分を好きな場合は、普段相手から感じる雰囲気や態度から無意識に感じる好意が、夢では形となってあらわれるのかもしれません。
好意を持たれる夢を見たことで、まだ気づいていなかった自分の本当の気持ちに気づくこともあるようです。

スポンサーリンク

時には、全く知らない相手から好意を持たれる夢を見ることもあるでしょう。
全く知らない人であれば、その夢の中の相手があなたの憧れの人物像である可能性を意味しているようです。
自分でも気が付かなかった本当の異性のタイプに気が付くきっかけになるかもしれません。
それが嫌いな人であった場合は、一周回って相手の隠れた一面に惹かれている可能性があるかもしれません。
夢の相手がどんな人だったか、好きな人、嫌いな人、顔も知らない人、意外な人から好意を受けた夢だった、いずれにしても、好意を持たれるという夢には、先が明るくなるという意味合いがあるようです。
何か良いことがおこるかもしれないというサインですから、自分に自信を持ってポジティブに過ごせる時期なのかもしれません。
人間関係を良くしたいとポジティブに考えられる時期は大切にして、新たな恋に踏み出してみたり、何か新しいことにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク