好き避け メール 女性 特徴

好き避け女性の特徴をメールから判断する方法

スポンサーリンク

好き避けとは好きなのにその相手を避けてしまう状態を指します。
これは恋愛に対し奥手な人がよくやるものだとされています。
相手に好きだと悟られるのが気恥ずかしくて、ついあまのじゃくな行動をとってしまうのです。
では、そんなことをする女性に共通している特徴は何かと言えば、好きな人からメールが来ても、返信しなかったり、しても極端に遅いことがまずあげられます。
これは即座に返事を返したら、相手に気持ちがばれるのではないかという警戒心と、変な内容のメールを送って、相手から嫌われるのが嫌で、何と打ってよいのか分からず、気がついたら朝になっていたという状態を指します。
好き避けをする女性の多くは、気持ちを悟られるのは駄目だが、嫌われるのはもっと嫌だという複雑な心境で好きな相手に接する傾向があります。
しかし、駆け引きのつもりで返信を送らせるにしても、限度があります。
ほどほどのところで返事を出した方が、賢明だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

好き避けをする女性の特徴としては、他に好きな人に自分から連絡が取れないというのがあります。
これはメールアドレスは交換したのだが、自分の方から連絡を取るのはどうにも恥ずかしいからと、友達にその中継を頼むというパターンです。
仲間内で出かける相談をした際、特定の相手にだけ自分から連絡を取ることができないと告げるのは、周りからも不思議に見える行為です。
気持ちを秘匿したいのであれば、不自然にならない程度に連絡を取った方がよいでしょう。
メールをどうにか送れても、その内容にとげが潜むということもあります。
これは好きな相手だからこそ、その行動を逐一チェックしてしまい、この間一緒にいた女性は誰だと、詰問口調で質問してしまう状態を指します。
男性は過度に干渉されるのを嫌う生き物です。
その動向が気になると言っても、相手の負担にならないようにしなければ、疎まれる原因になります。
このように、好き避けをする女性はメールにその特徴が出る傾向にあります。

スポンサーリンク