好き避け 男性 視線 特徴

視線に見る好き避け男性の特徴

スポンサーリンク

好き避けとは好きなはずの相手をつい避けてしまう行為を指します。
これは学生だけではなく、社会人にも見られる行動です。
何故そんな真似をするのかと言えば、男性は恋愛に対し臆病な人が多く、意中の相手に自分の思いを知られるのは気恥ずかしいと感じている人が少なからずいるためです。
しかし、好き避けは単純に相手を嫌っているから避けているのと、どう違うのかいまいち分からないという人はたくさんいます。
そういう場合は、彼らの視線をチェックするようにしましょう。
好き避けをする男性の特徴として、特定の相手にだけ気がついたら視線を向けている、というのがあります。
これは向こうが気付いて視線を送り返したら、即座に何もない風にそらしたり、うつむいてごまかそうとするのが特徴です。
男性は嫌いな女性を熱心に見つめることはありません。
故に特定の女性にだけ熱心な眼差しを注いでいるのであれば、それは好意の表れだと解釈してよいと言えます。

スポンサーリンク

視線をチェックするときのポイントとしては、目からどのような気持ちが込められているか察するというのがあります。
これは好き避けではなく嫌い避けをしている男性だと、相手を避けるために、その動向を時折確認することがあるからです。
目に冷たさが宿っているのであれば、それは観察を続けているうちに分かるようになります。
ことわざにもあるように、目は口ほどにものを言うのです。
好き避けをする男性の特徴として、視線を相手に向けるのは、自分以外の異性と触れていないかチェックするため、というのがあります。
これは恋をしている人の多くに当てはまる事柄なのですが、好きな人を他人にとられたくない、または嫉妬心からそうしてしまうのです。
思いを相手に伝えなければ何も始まらないのが恋の法則です。
しかし、好き避けをしてしまう男性は、それをどう表現してよいのか分からないため、相手に好意を込めた視線を向けるのに留めるのです。
こうした行動に出る人は優しくまじめであることが多いため、周囲が気付いてサポートしてあげた方がよいでしょう。

スポンサーリンク