女性 嫌い避け 職場

職場における女性の嫌い避け

スポンサーリンク

同じ職場にいる女性のことが気になるという男性は世の中に少なくありません。
しかし、自分が相手からどう思われているのかを計れる物差しなど存在しないため、その気持ちを理解するのは困難です。
今回は相手の行動からある程度まで本心を見抜く方法を説明していきます。
特定の男性を避ける女性には、好き避けと嫌い避けという二つの反応があります。
これは一見するとよく似ているのですが、ニュアンスが反対です。
前者は職場にいる同僚と噂になるのは、社会的立場から好ましくないとか、相手に対し恋愛感情を抱いていることが気恥ずかしいという気持ちがそうさせるのですが、後者だと単純に嫌いだから避けていることになります。
では、好き避けと嫌い避けを手っ取り早く見分ける方法は何かと言えば、相手の目を見ることです。
視線を合わせたときに、いくらかでも照れたような感じでそれが避けられたら脈ありですが、無表情でそれをやられたら、嫌われていると考えた方がよいのです。
目は口ほどにものを言うということわざは今でも有効です。

スポンサーリンク

嫌い避けをする人の特徴は、特定の相手に絶対近づこうとしないことにあります。
これは職場の飲み会などで、近くの席に嫌いな男性が座ろうものなら、即座に別の席に移るなど、ある意味であからさまです。
また、話しかけても上の空で携帯電話をいじっていたり、褒めても素っ気ない返事しかないのであれば、これも拒絶のサインとなります。
顔を合わせているときに、常に第三者がいるという場合も、二人きりになりたくないという気分の表れだと解釈した方が賢明です。
メールを送っても返事が来ない、あるいは来ても短めで素っ気ないという場合も、嫌われている可能性が高いと言えます。
女性はある程度興味や関心がある相手からのメールであれば、きちんとした返事をするのが常だからです。
このように、女性は嫌いだと感じる男性を徹底的に避ける傾向にあります。
これは中途半端な対応をして勘違いされるのを嫌う心理が働いています。
同じ女性からいつもダメ出しされていると感じたら、嫌い避けをされていると考えて差し支えないでしょう。

スポンサーリンク