好き避け 飲み会 女性 特徴

飲み会に見る好き避け女性の特徴

スポンサーリンク

職場での同僚との飲み会を楽しみにしている人は珍しくありません。
これはアルコールが入る席だと、本音が思わぬところでぽろりと漏れたりするからです。
飲み会での醍醐味は他にもあります。
いわゆる好き避けをしてしまう女性の本心が行動から読み取れる部分です。
今回は好き避けをする女性、その日頃の態度から本心を見抜く方法を説明していきます。
好き避けをする女性は、意中の相手と視線をまっすぐに合わせることができません。
これは気がついたら見つめられていることが多いが、男性側が視線を返そうとすると、ぷいと横に向いてしまうことが多い特徴があり、それが分かりやすいサインだと言えます。
また、必要以上に冷たい言動を相手に向けることもあります。
これは気持ちを相手に悟られたくないという気持ちが、逆の反応を示してしまうのです。
これを見て男性は相手の女性から嫌われていると考えてしまうのですが、女性は本当に嫌いな相手なら無視をする傾向にあります。
それを忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

では、その種の女性の本心をどうやれば飲み会で見抜けるのかと言えば、まずは座る席に注目してみましょう。
これはいつも嫌っている風を装いながら、本当は好きだという場合、特徴として毎回隣か近い席に座るという傾向があるためです。
飲み会の席は、特に指定がない限り、各人の自由とされているケースが殆どです。
にもかかわらず嫌いな相手の近くに毎回座ろうとする人はいません。
そのため、いわゆる嫌い避けならば、毎回席は遠く、僅かでも視界の中に入れたくないという態度をとるケースがあります。
これは飲み会では当然ながらアルコールが入るため、日頃は抑えている気持ちが飛び出しかねないのを警戒する意味もあります。
しかし、好き避けならば、アルコールの力を借りて告白がしたいという気持ちが含まれています。
相手に拒絶されても、酒の席での冗談だと逃げる手が残されているからです。
このように、飲み会を利用すれば、相手の本心を見抜くことができるようになります。
日頃の言動の観察と平行する形でそれを行ってください。

スポンサーリンク