好き避け 男性 無視 心理

好き避けから無視をしてしまう男性心理

スポンサーリンク

恋愛に対し堂々と構えて臨む人もいれば、逆に臆病な人もいます。
前者は率直さが長所でもあり欠点ですが、後者はその慎重さが周囲からは歯がゆく映ることがあります。
では、いわゆる好き避けから意中の相手を無視してしまう男性の心理とはどのようなものかと言えば、まず相手に対し嫌われたくないという気持ちが他人よりも強いと言えます。
何故そのような気持ちが芽生えるのかと言えば、そういう人は自分自身に自信がないことがあげられます。
これは容貌や学歴、収入など、他者に誇れる部分が自分にはないという、コンプレックスに起因しているものが大半です。
人間はこれだけは他者に自慢できるという、軸になる部分があれば、何事にも積極的になれるのですが、そういう部分がないと、恋愛についても奥手になるのが珍しくありません。
それは相手の女性を高嶺の花だと思わせる心理にもつながり、はっきりと拒絶されるのが嫌だから無視するという態度になって現れるのです。

スポンサーリンク

好き避けをする男性の心理として、単純に恋愛に対し不慣れという場合もあります。
これは社会人になるまで異性と接することがなかったという人に度々見られる展開です。
同性しかいない環境で過ごすと、異性に対しどう触れてよいのか分からなくなったというのは、決して珍しいケースではありません。
ただし、特定の相手ばかりを無視していると、その人から嫌われているのだと思われてしまい、失恋しようにもそもそも恋愛自体が成立しなかったというケースも散見されます。
また、しつこく言い寄ったら相手に決定的に嫌われるのではないか、と考えている男性は少なくありません。
破局を回避しようとする心理が好き避けとなって表現されてしまうのです。
女性と話をするのがそもそも苦手で、特に好きな女性が相手だと緊張感から何も話せなくなるという人も時折見受けられます。
意中の相手を前にして沈黙を決め込むのも嫌だから、彼らは無視という態度に出るのです。
恋愛沙汰に対しナイーブな部分がある男性は近年では珍しくありません。
そこを踏まえて接するようにしましょう。

スポンサーリンク