片思い 振られたあと 連絡

片思いで振られたあとに連絡すると

スポンサーリンク

片思いは一方的に相手を思っている状態でまだ相手の気持ちははっきりとはわかっていないというものです。
ずっと好きだっと気持ちを抱いて現実に振られて時はとても辛い状態に陥ってしまいます。
しかし一時的に振られたあとも相手も自分の気持ちに整理がつかず少し返事を待ってほしいということが多くあります。
なぜかというと振ったあとも振った側は罪悪感も少なからずあり、相手の事を気に掛けていることが多くあるからです。
こういったときは振られた時点で諦めるのではなく、振られたあとに連絡をどうするかが鍵になります。
実際にメンタリズムなどでも科学的に証明されているもので、振られたあとに曜日や日数などを正確に決め食事の誘いなどをすると相手から連絡が来ることが証明されているのです。
片思いは振られたあとが本当の恋愛への勝負とも言えるので、この後の連絡のやり取りが交際までの道のりを切り開き相手の気持ちをつかみ取るチャンスともいえるのです。

スポンサーリンク

片思いは多くの人が一度は経験をする事があり、おかしいことではないのです。
思いを形にするまでには勇気が必要ですが、一歩を踏み出す力があればつかみ取ることもできるのです。
実際に交際期間に入り振られてから恋愛をしている人も多くいるのです。
中にはその時は他の人と交際をしていたが跡跡になり交際できるようになったというものもあるのです。
片思いでも多くのケースがあり振られたあとにやり直しがきかないこともあればきくこともあるのです。
現実的に相手への気持ちをつかむためには相手の気持ちを理解しておくことも求められます。
最初はなれなれしくせずに具体的な内容で相手に送った後は返信が来るのを待ち必要以上に絵文字などを使うのは避けることが望ましいです。
相手はそこまでまだ心を開いてくれていない可能性があり、軽い人間ととらえられてしまうからしつこくせず相手の気持ちを待つ必要があるのです。
相手の立場に立ち理解する姿勢があれば後は一握りの勇気で幸せをつかみ取ることも可能なのです。

スポンサーリンク