職場 好意 伝え方 同僚

職場の同僚への好意の伝え方

スポンサーリンク

職場の同僚に好意を持つと、嫌だと思っていた会社でも、自然と行くのが楽しくなります。
そのため、仕事もスムーズに進み、いい影響がたくさん出てきます。
また、好意を持っている同僚に毎日会うわけなので、外見も以前より気にして、美容に力を入れるようになります。
自分がどんどん輝いてくるのが分かり、自信を持てるようになります。
職場の他の同僚に取られないように、好意があることを早く伝えたいですが、それは簡単なことではありません。
もしフラれてしまったら、職場にいるのがつらくなってしまいますし、お互い気まずくなってしまうからです。
そのため、ストレートな伝え方ではなく、ジワジワと相手に気付いてもらえるような伝え方をします。
例えば、職場にいる間は、相手をよく見るようにして、目が合う回数が増えるようにします。
いつも目が合うと、好意を持たれていると、鈍感な人でも気付きます。
このような伝え方をすることで、相手にも意識してもらうことができます。

スポンサーリンク

一番大きなチャンスは、職場の飲み会です。
なるべく好きな同僚の近くに行くようにして、二人きりで話せるチャンスを作ります。
こうした場だと、アルコールの力も借りることができますし、仕事中は話せない、プライベートの話もできるので、一気に距離を縮めることができます。
また、グラスが空いたら、次のオーダーを聞いたりすることでも、気が利く性格だと相手に分かってもらうことができるので、細やかに気を配るようにして、チャンスを生かします。
こうして、さりげない好意の伝え方を繰り返すことによって、自分からではなく、相手から告白されるような状況を作るようにします。
やはり同じ職場だと、告白するタイミングが難しいですし、できれば男性の方から告白してもらえた方が嬉しいです。
そのため、自分からではなく、相手の同僚の方から告白してもらえるように仕向けることが、一番いい作戦となります。
じっくりと作戦を遂行することで、自然と告白される雰囲気に持っていくことができます。

スポンサーリンク