片思い 相手の気持ち 心理テスト

片思い〜相手の気持ちを確認する心理テスト

スポンサーリンク

片思いをしている時に相手の気持ちを確認する心理テストがいくつかあります。
その心理テストとは、片思いの相手と一緒に食事をして、自分が飲んでいるグラスを相手のグラスの近くに置く方法があります。
そして相手がグラスをそのまま置いている場合は、自分に対して好意を抱いている可能性があります。
その反対に相手が自分のグラスから遠ざける仕草を見せた時は、その相手は自分に対して好意を抱いている可能性は低くなります。
また違う方法としては、相手に自分の指を引っ張ってもらう心理テストがあります。
具体的には、片思いの相手が親指を引っ張った場合は、自分に対する感情は信頼が強いと言えます。
次に薬指を引っ張った場合は理想の結婚相手であると考えている可能性があります。
また片思いの相手の気持ちを確認する心理テストとしては、その人が思い浮かぶ友人や知人の名前を5人挙げてもらう方法があります。
そして2番目に自分の名前を挙げた場合は、自分に対して好意を抱いている可能性があります。

スポンサーリンク

片思いの相手の気持ちを確認する心理テストには様々な方法があります。
まず相手にコーヒーカップをイメージしてもらいます。
そしてそのコーヒーに入っているクリームの量を質問します。
その回答のクリームの量が、自分に対する相手の気持ちになります。
具体的にはクリームの量が多ければ多いほど、その片思いの相手は自分に対して好意を抱いています。
反対にクリームが入っていなかったり、少量である場合はその片思いの相手の気持ちは自分に対して関心が薄いでしょう。
また相手の気持ちを推測する心理テストとしては、相手に自分のイメージするカラーを言ってもらう方法があります。
例えばピンクを選んだ場合は、相手は自分に対して普通の友達という印象が強いです。
相手が青と回答をした場合は、自分の事を理性的であり、理想の恋人候補であると考えている可能性があります。
また、他にも相手の気持ちがわかる心理テストとしては、2人で会話中に相手が頷く回数を数える方法があります。
この場合、頷く回数が10回以上の場合は、自分に対して好意は薄いですが、2回程度の頷きならば、自分に対して好意を抱いている可能性が高いです。

スポンサーリンク