片思い 振られた 気まずい 接し方

片思いで振られた!気まずいその後の接し方

スポンサーリンク

片思いをしている間は何をしていても楽しく感じるものです。
しかしずっと片思いをしているだけでは相手と付き合うことはできません。
また、片思いをしているとやきもきしたり辛いこともあります。
片思いのままでほうっておいたら相手にも彼女や彼氏ができてしまうかもしれません。
告白することはとても勇気がいることですが、告白しなければ片思いのままで何も変わりません。
しかし勇気を出していざ告白しても、当然振られてしまうこともあります。
振られた時はとても気まずい気持ちになります。
しかし振った相手も、同じように気まずい思いをしています。
振られたあとの接し方はとても悩みますよね。
しかし振られた後にあなたがどう接するかでその後の関係性が変わってきます。
接し方を間違えてしまうと、せっかくの機会を失うことになりかねないため、注意が必要です。
告白し振られたらその場から逃げ出したくなるほど気まずいと思います。
しかしそこは明るく振舞いましょう。
そこであなたがもじもじしてしまったり、暗い顔をしていたり、涙を流すなどしてしまうと相手はどうしていいか分からなくなりとまどってしまいます。
相手は振った時点でとても気まずい思いをしているはずです。

スポンサーリンク

振られたときの接し方としてはまず自分から笑顔で、気持ちを聞いてくれてありがとうというようにしましょう。
そして、できれば片思いをしていたころのような元の関係を続けたいと伝えてみましょう。
最初はお互いに意識してしまい気まずいかもしれませんが、その後もあなたが変わらずに明るく接することができれば、相手も安心しだんだんと以前の関係に戻ることができるかもしれません。
また、相手も最初は気まずいと思っていても、一度告白してくれた人のことは自然と気になるものです。
接し方を間違えなければ、もしかすると相手もだんだんとあなたのことが気になり始める可能性があります。
しかし接し方を間違えて、振られたからと暗くなってしまったり、気まずいために相手を避けるような態度を取ってしまっては、そのようなチャンスも逃すことになってしまいます。
このように片思いをしていた相手に振られた場合も、その後の接し方次第で恋に繋がる可能性があります。
振られたからと落ち込んだり諦めたりせずに、正しい接し方をすることで次のチャンスを作るようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク