片思い 連絡 やめる

片思いで連絡をやめるにも、後悔しない様にする事が大切です

スポンサーリンク

好きな人ができた場合、相手に特定の付き合っている異性がいるかなどは、非常に気になるポイントになります。
片思いの相手に特定の彼氏や彼女がいるとわかった時点で、連絡するのはやめるというケースもあります。
相手に特定の人がいるとわかるまでの状況は、それぞれに違いがあり、人によっては、相手にもその気があると思っていたのにというケースもあります。
相手に対しては、特定の人がいるのに、何で思わせぶりな態度を自分にしてきたんだ、と怒りに近い感情が芽生える事もあります。
 この場合には、相手に対する自分の気持ちをもう一度、自分の中で確認してみる作業も必要です。
相手に対する片思いの感情が強ければ、怒りよりもがっかりした感情で、打ちひしがれる事もあります。
場合によっては、相手との距離を少しとりながら、可能性を探る事もできます。
連絡をやめるというケースもありますが、相手に対する思いが強いのであれば、期間を空けて後に、互いの状況報告程度で連絡をたまにとってみるという事もできます。

スポンサーリンク

片思いをする人によって、相手には明確な自分の気持ちを伝えないままでいる場合もあります。
相手とのやり取りも辛くなってきて、連絡するのをやめるというケースが出てきます。
これは、自分の気持ち、相手に対する思いを断ち切る行為に繋がるものです。
自分の中の気持ちに区切りを付けるためにも、もう連絡もしない方がいいと考えてしまう事があります。
片思いのままで終わってしまっても、自分に悔いが残らない状態であれば、相手への思いを諦める方法の一つにもなります。
しかし、考え方によっては、自分の気持ちを伝える前に、恋愛を諦めてしまう事になり、可能性を自ら否定する事にもなります。
相手が既婚者の場合には、確かに状況を変えるのは難しい一面もあります。
それ以外のケースでは、自主性をもって行動しながら、相手を自分に振り向かせる事も100パーセント不可能な事ではありません。
一旦期間を空けて、連絡を取る事もできますし、インターバルを入れながら、少ない回数で継続する事もできます。
 突如の行動に出る様な場合には、少し自分を冷静に見直す事が必要になっている可能性もあります。
少なくとも、相手に悪い印象を残す事がない様な配慮などは必要です。

スポンサーリンク