両思い 告白されない 中学生 理由

中学生の両思いでも告白されない理由

スポンサーリンク

中学生といえば小学生から一気に勉強のレベルが上がり成長期を迎えたりしますが、中学生になると成長期と共に恋愛に関しても興味を持ち始めたり恋人が欲しくなったりします。
周りの子に恋人がいたりドラマの影響で恋人が欲しくなったりデートがしたくなるという経験、皆さんもありますよね。
本題に入りますが、両思いなのに告白されない理由は中学生ならではの理由があります。
相手が男子の場合、恥ずかしいという理由で相手が告白をしないという事です。
どんなに好きな女子がいてもフラれたらどうしようとか周りに茶化されたりしたらとか考えてしまい臆病になって告白出来なかったりします。
他にも、今のままの関係が壊れてしまうのが怖いからという理由で告白しない人もいます。
毎日楽しく会話をしていたのに告白することによって両思いで無かった場合、今まで通りの楽しい会話が出来なくなってしまうのは女子も男子も怖いことなので、告白をしないという理由からお互いに告白されないで終わります。

スポンサーリンク

両思いなのに告白されない理由で中学生ならではの一番多い理由は受験や試験や部活という事だと思います。
お互いに受験や試験や部活があると両思いでもお互いに忙しく時間が取れなかったり、片方が忙しくなくても片方が忙しいとデートや連絡を取るのも減ってしまうので、受験や部活で精一杯になってしまう人は恋人を作るどころじゃなくなってしまうのです。
受験のときに相手を気にしながら勉強したり、部活で疲れてるのに相手のことを考えたりと自分の負担になるのを嫌がったり不安に思い、告白をしないこともあるので両思いでも告白されないということになります。
その他にも両思いでも告白されない理由は、相手の親を気にしたり中学生ならではの周りの視線が気になってしまい、相手が勇気を出せずに告白されないということになります。
両思いなのに告白されない中学生の理由についてここまで説明してきましたが、まとめると中学生ならではの色々な恋愛だと思います。

スポンサーリンク