両思い 付き合う 確率

両思いになって付き合う確率はどれくらいなのか

スポンサーリンク

人間は必ず誰かと出会い、その中の何人かと友達になります。
極力人と付き合うことを避けたいと思っている人だとしても誰とも出会わずに人生を過ごすなんていう確率はありえません。
まず、確率の問題として何かのきっかけで出会ってその人と接点を持つ確率は24万分の1と考えられています。
これだけでもかなりの確率だということは理解できますが、そこから親しい友人になる確率、親友になる確率というのはどんどん低くなっていきます。
友人だけでも奇跡のようだけれど、好きな人に出会って両思いになって付き合う確率というのはそれ以上に低くなります。
そのため、両思いになって付き合うということはとてもすごいことだと考えてもおかしくありません。
わかりやすい言い方をすれば、どれだけ多くの人と出会ったとしても、両思いになって付き合える人は1%もいないということです。
数字だけを聞いていると、とても両思いになって付き合うなんていうことは難しいことのように考えられます。

スポンサーリンク

しかし、片思いをしている人にとって両思いになるというのは非常に重要なことですし、両思いになれなくては付き合うこともできません。
こうした数字だけを意識すると両思いになんてなれないのではないかと落ち込んでしまいますが、そうではありません。
付き合うということが奇跡に近いと理解することによって、より相手を思う気持ちが強くなっていきますし、そうした思いを経て実際に付き合うことになれたら、奇跡だと理解していない人よりも長続きしますので、そもそも出会ったこと自体が奇跡であり、その人達の中から好きな人に出会えたことはすごいことです。
なので、恋愛自体をきちんと大事にしてあげる気持ちを忘れないようにします。
あせらずに、じっくりと相手のペースに合わせて行動することによって、ゆっくりと仲良くなることが大切です。
そうしなくては結果もついてこないので、出会えたことに感謝しながらも自分のベストを尽くして、今目の前にある恋を全うするようにしてください。

スポンサーリンク